メインイメージ

交通事故の示談について

~交通事故の示談の進め方~

交通事故に遭ったとき、加害者側は保険会社の担当者を代理人として、被害者側は大体本人が直接対応して示談を進めるようになっています。交通事故の場合、事故の状況に応じて過失割合を判断したり、当事者の治療を終えて症状固定になるまで和解金の判断ができないという問題があります。そのため、一般的な示談の進め方としては、治療費や代車費用などの確実に必要なものについては保険会社が直接支払いを行い、タクシー代など、交通事故に関して別途かかった費用については後日精算するという流れになってます。また、お互いの症状固定と過失割合が判明したら、その状態によって加害者側から和解金額の提示をして、被害者側がその金額に納得すれば、それ以外の債権債務なしという文言を入れて和解します。なお、提示された金額に納得が行かずに示談では和解が成立しない場合には、弁護士を立てて交渉したり、訴訟をして司法に判断を委ねるという流れになります。

~交通事故のときには示談で解決~

交通事故を起こした、逆に起こされたときにはまずは示談にします。
これは裁判所を通じることなく当事者同士で話し合いをして損害賠償金の額を決めるというものなのです。できることであれば裁判で決着をつけるのではなく示談を成立させたほうがいいのです。
というのも裁判となりますとお金も時間もかかるからです。お互いにとって決していいことではないのです。ただ交通事故の話合いというのはなかなか普通に話し合ってもうまくいくわけではありません。どちらも自分の意見を主張して全く和解しないこともあります。このときには交通事故の専門の法律家に依頼して示談を担当してもらうしかありません。そうすることによってまとまりやすくなります。もしも自分にとって不利な条件で和解が成立しようとしているのでしたら必ず相談をしてください。
もう一度和解に応じてしまいますとやはり取り消しというのはできなくなってしまうからです。後悔する前に交通事故のプロ弁護士の力を利用してください。

Copyright© 2014 交通事故は怖い。甘い考えが思いもよらない大事故に。 All Rights Reserved.